お酒に関してのブログです

お酒のメリットデメリットと日本のお酒

  • HOME »
  • お酒のメリットデメリットと日本のお酒

お酒がもしこの世界に無かったとしたらそれは実に退屈でつまらないものとなっていたことと思います。お酒があることで高揚感、パーティでの盛り上がり、そしてキャバクラなどが繁盛するのであり、同時に体にもよく寒い日にはお酒で体を温め、夏はのどこしのよいビールなどは爽快です。お酒が入ることで普段いえないようなことをしゃべったりすることができたり、お酒の力を借りて大胆になったりすることができるのです。

とはいえお酒が多くの問題を起こしてきたのも事実です。お酒をコントロールできないためにその魔力に取り付かれアルコール中毒になってしまう人は世界中にいます。アルコール中毒になるとお酒を飲まずにいられなくなり、より強いお酒を欲しますし、そのための購入費用だけでも毎日もの凄い金額になるのです。そしてお酒を飲むことで痴漢行為や暴力事件を起こしてしまうこともあります。お酒が入ることで自制ができなくなりやすいのです。節度のあるアルコールの使用は体によいのですが、節度を欠いた飲み過ぎというのは健康を害してしまうのです。

とはいえお酒が多くの人が節度を持って楽しんでいてお酒があることを喜びとしています。お酒にはビールや発泡酒、カクテルやウィスキー、焼酎、日本酒、ブランデーやワインなどいろいろな種類があります。好みによってお酒を楽しむことができますが、夏はビール、冬は日本酒という風に季節によって楽しみ方を変えることができるのもお酒のよさであり、外国からの輸入ものが増えてきていますので、日本のものと外国のものどのような特徴があるのか、ということを飲み比べてみるのも楽しいのです。日本のワイン、そして最近ではウィスキーはかなり評価が高まってきていますし、日本のビールは辛口でキレがあるのでそうした味を好む外国人は多くなっています。そして日本酒はオリジナルなものですし、日本といえばお酒を楽しめるそのような国であることを外国人たちが注目しているのです。

PAGETOP
Copyright © タイトル All Rights Reserved.